輸入住宅ハウスメーカー・工務店選びガイドin埼玉

輸入住宅ハウスメーカー・工務店選びガイドin埼玉

埼玉でオンリーワンの輸入住宅を建てるための情報まとめサイト

  • 南欧風おすすめハウスメーカーランキング
  • 北欧風おすすめハウスメーカーランキング
  • 北米風おすすめハウスメーカーランキング
  • 英国風おすすめハウスメーカーランキング

部材や設備について

輸入住宅を考えるなら、埼玉の環境に合う設備選びが重要であることを解説しています。

設備は建てる地域の環境に合うものを選ぶ

埼玉で輸入住宅を購入しようとしている場合、その部材や設備について、あらかじめ知っているととても役にたちます。

輸入住宅で使われる構造体の資材は、大半が海外から輸入されています。冬が厳しい北半球側の国などからであり、海外の資材を基本的に使用していることになります。

輸入住宅の場合、その個性が表れる設備は水廻りです。浴室などは日本のライフスタイルにそうため、国内メーカーのシステムバスが使われることが多いのですし、トイレも同じように国内メーカーのものが使われることが多いです。

しかし、キッチンや洗面所は輸入された海外のものを使うことが多い傾向があります。タイル張りであったり、無垢の木の扉がついた収納棚であったり、おしゃれな海外の蛇口、ホーローのシンクなどが使われます。

キッチンはとても目立つ場所でもありますし、素敵な輸入住宅らしい個性を出したい場合は、海外のものを使った方が思い通りに仕上がることが多いです。

また、フローリングも海外のものが使われることが多いです。無垢の幅広の板が使われるのですが、明るい色合いが好まれるため、パイン材を使ったフローリングを選ぶ人がとても多いです。

その他、窓も海外の部材が使われることが多い部分です。木製の窓サッシであり、とても気密性が高いため、高気密住宅にすることが出来ます。

冬は比較的あたたかく夏は暑い埼玉ですが、冷暖房の効率や過ごしやすさを考えると、高気密な住宅の方が良いのです。そのため、埼玉で輸入住宅を建てる場合も、海外の窓サッシを選ぶ可能性が高くなります。内側は木製で外は樹脂製になっているため、腐食することもなく長く使うことが出来るため安心です。

このように輸入住宅の部材や設備は、色々なものがありますので、事前に下調べをして知っておくことが大事です。