輸入住宅ハウスメーカー・工務店選びガイドin埼玉

輸入住宅ハウスメーカー・工務店選びガイドin埼玉

埼玉でオンリーワンの輸入住宅を建てるための情報まとめサイト

  • 南欧風おすすめハウスメーカーランキング
  • 北欧風おすすめハウスメーカーランキング
  • 北米風おすすめハウスメーカーランキング
  • 英国風おすすめハウスメーカーランキング

完成までの流れ

輸入住宅とは海外から資材を調達して建てる家なので、通常の家づくりとは、完成までの期間や流れに少し違いがあります。
具体的に、輸入住宅ができるまでの流れを解説したいと思います。

ハウスメーカー選び〜契約まで

輸入住宅を建てたいと思ったら、まずは展示場や見学会に足を運び、各社の特徴を目で確かめに行きましょう。

気に入ったメーカーが見つかったら、設計図などを作成してもらい、プレゼンテーションを受けます。
この時、建てようとしている土地の調査も行われ、それに基づいたプランニングがなされます。

土地探しから必要な人の場合は、土地サポートもしてくれる会社を選ぶとスムーズに行きそうですね。

提案されたプランで納得がいけば、いよいよ契約。
この時、契約金を支払うのが通常となります。

着工〜実際に住めるまではどのぐらい?

契約が整ったら、打ち合わせを重ねます。

壁の色、ドアや窓のパターン、コンセントやスイッチの位置etc…、細かいところまで色々と決めなければいけません。

最終的なプランの決定がなされれば、着工となります。
まずは基礎工事からスタートされますが、この時期は、海外に発注した資材を待っている期間でもあります。

契約後に発注された資材は、だいたい2ヶ月ぐらいで現場に届くケースが多いようです。

そこから躯体〜外装〜内装〜設備と工事が進んでいき、およそ3〜4ヶ月ほどで竣工(完成)となるのが一般的です。

念願のマイホームが引き渡しとなって、新しい暮らしがスタートしたら、ハウスメーカーとのおつきあいが終了してしまうわけではありません。

各社それぞれ、3ヶ月→1年→2年→10年後など、点検してくれるシステムが整っています。

アフターサービスのタイミングや回数、費用などは、メーカーによってバラツキがあるので、なるべく充実したところを選ぶと安心ですね。