輸入住宅ハウスメーカー・工務店選びガイドin埼玉

輸入住宅ハウスメーカー・工務店選びガイドin埼玉

埼玉でオンリーワンの輸入住宅を建てるための情報まとめサイト

  • 南欧風おすすめハウスメーカーランキング
  • 北欧風おすすめハウスメーカーランキング
  • 北米風おすすめハウスメーカーランキング
  • 英国風おすすめハウスメーカーランキング

輸入住宅の性能

輸入住宅の「性能」についてまとめたページです。

2×4工法で、地震に強い

輸入住宅とは、デザイン性だけでなく性能面にも優れた住まいです。その特性を支えているのが、輸入住宅によく見られる「2×4工法」です。

ツーバイフォーは、北米生まれの工法。

2インチ×4インチの枠材と合板でパネルをつくって、6面体で家を支える構造になっています。
そのため、もし地震が起きてしまった時でも、揺れを面全体で受け止めて力を分散させることが可能。
ちなみに、東日本大震災の時には、2×4工法で建てられた家の95%が「すぐに補修しなくても、そのまま居住できた」というデータもあるほどです。

耐火性・気密性・断熱性の面でも優秀

輸入住宅は、耐震性だけでなく、他にも様々な面に優れた高性能住宅です。代表的なものをまとめてみました。

◆耐火性

万が一火災が起こってしまった時のために、火の通り道となりやすい部分の壁に、ファイヤーストップ材が組み込まれていることも。そのため、1階から2階など、火が燃え移るのを防ぐことができます。

◆気密性・断熱性

もともと北米や北欧など、厳しい寒さにさらされる地域の住まいなので、断熱性や気密性に優れています。2×4工法だと、床・壁・天井が隙き間なく積み上げられたような状態なので、気密性が高いとされています。
さらに、2枚以上の複層ガラスが標準仕様になっている場合も多く、開口部から熱が逃げるのを防いでくれます。もちろん、通常の住宅と同じように、断熱材も使用。「家の中でどこにいても、温度差を感じず暖かく過ごせる」などと評判です。

◆耐久性

森林資源がとても豊かな北欧・北米の木材は、含水率が低くて高品質なものが多いと言われています。防腐・防虫処理もバッチリのものがほとんど。「孫の世代まで3世代使える」などと称されるほど、住み継いでいける家なのです。