輸入住宅ハウスメーカー・工務店選びガイドin埼玉

輸入住宅ハウスメーカー・工務店選びガイドin埼玉

埼玉でオンリーワンの輸入住宅を建てるための情報まとめサイト

  • 南欧風おすすめハウスメーカー
  • 北欧風おすすめハウスメーカー
  • 北米風おすすめハウスメーカー
  • 英国風おすすめハウスメーカー
輸入住宅ハウスメーカー・工務店選びガイドin埼玉 » 理想の輸入住宅を建てる前に知っておきたいこと

理想の輸入住宅を建てる前に知っておきたいこと

輸入住宅を埼玉で建てる前に、しっかり確認しておきたい知識をご紹介します。

こんなはずじゃなかった!輸入住宅にまつわる失敗談

ここではあえて、実際に輸入住宅に住んでいる人達から届いた、入居後の失敗談を紹介します。ハウスメーカーや工務店を決める前に、こうした事例が起きる心配がないか、担当者に聞いておくと安心ですよ。

  • 『 気密性が良いのですが…、壁にカビが生えてしまいました。結露もひどいです。』
  • 『 間取りがゆったりなのはいいですが、インチモジュールで設計されているので、国内で買ったカーペットのサイズが合いませんでした。』
  • 『 パネル工法だったので、間取りの変更がしにくいらしく、リフォームしようとしたが断念しました。』
  • 『 窓の金具が外れてしまった時、海外のものだったので近所のホームセンターでは購入できませんでした。』
  • 『 輸入サッシのガラスが割れてしまった時、修理を依頼したら、日にちがだいぶかかって困りました。』

輸入住宅に憧れを抱いていても、実際の住み心地やかかる費用、どのぐらいの期間で建てられるかなど、分からないことづくしの人も多いと思います。

そんな輸入住宅ビギナーさんのために、以下のページでは、輸入住宅の基礎知識や依頼先選びのポイントなどをまとめてみました。

住宅展示場に足を運ぶ前に、ちょっと勉強しておくと役立ちますよ!

輸入住宅を建てる前に知っておきたい基礎知識

輸入住宅とは

そもそも輸入住宅にハッキリとした定義はありません。輸入した資材を活用して、日本国内で建築すれば「輸入住宅」と呼ばれています。アメリカ・カナダ・スウェーデンなどからの輸入材が使われているケースが多いようです。

輸入住宅の定義について詳しく

輸入住宅の疑問・質問

輸入住宅に関する疑問や質問の中でもよくあるのはサイズの話。実は30坪も確保できれば輸入住宅を建てられます。耐久性も日本の環境に十分耐えられるものばかりです。疑問や質問があれば、ハウスメーカーや工務店の担当者に遠慮なく聞いてみましょう。

輸入住宅の
疑問・質問について詳しく

輸入住宅のメリット

輸入住宅のメリットといてばデザインが連想されるのではないでしょうか。日本式の住宅にはない、輸入住宅ならではのデザインこそ個性ですが、他にも機能性や寿命の長さといったメリットが待っています。

輸入住宅のメリットについて詳しく

価格相場について

輸入住宅の相場は都市圏と地方で異なります。都市圏では2,200万円から3,500万円程度、地方では1,800万円から3,000万円程度とされています(※)。ただし、以前と比較すると輸入住宅は安くなっています。

※参照元:ハピすむ 公式HP(https://hapisumu.jp/rebuild/article-39881/)

価格相場についてについて詳しく

平屋の輸入住宅を建てたいと思った際に知っておきたい事

「1階建ての家」である平屋は、コミュニケーションを取りやすい点や生活動線の良さがメリットです。一方でデメリットもあるので、それぞれを把握しておく必要があります。ここでは平屋を建てる際に知っておきたい事を紹介していきます。

平屋の輸入住宅を建てたいと思った際に
知っておきたい事について詳しく

輸入住宅で地下室をつくるメリット

輸入住宅で地下室をつくることには、さまざまなメリットがあります。ただし埼玉では容積率の緩和を受けるのに制限が設けられているので注意が必要です。輸入住宅で地下室をつくりたいと思っている方に向けて、地下室のメリットと使用用途について解説します。

輸入住宅で地下室をつくるメリットについて詳しく

団体信用生命保険(団信)に加入すべき?

団体信用生命保険に加入することで、住宅ローン契約者に万が一のことがあっても家族が安心してマイホームに住み続けられます。ここでは団体信用生命保険に加入するメリット、注意点などについて解説していきます。

団体信用生命保険(団信)に加入すべき?について詳しく

輸入住宅の防犯性

海外の設計思想に基づいた輸入住宅は、強化ガラスや輸入サッシが使われるなど、防犯性が高いと言われています。ここでは、輸入住宅の防犯性が高い理由、建築する際に検討したい防犯対策などについて解説していきます。

輸入住宅の防犯性について詳しく

輸入住宅のベランダの種類とは

輸入住宅のベランダは「テラス」「ルーフバルコニー」「ポーチリビング」などいくつか種類があり、それぞれ特徴が異なります。ここではベランダの種類と設置する際のポイント、注意点について解説していきます。

輸入住宅のベランダの種類について詳しく

輸入住宅の保証制度

輸入住宅であっても、一般的な住宅の場合と同様、建て主を守るための保証制度が適用されます。2007年には、セーフティーネットとしての役割を強化するための法律も成立しています。ただし、業者によって保証の取り扱い方や対応方法が異なるため、注意が必要です。

輸入住宅の保証制度について詳しく

輸入住宅を建てる際の打ち合わせのポイント

後悔しない輸入住宅を建てるうえで、しっかりとコミュニケーションを図ることが大切です。予算・住宅性能・設備などのポイントを押さえて打ち合わせを行いましょう。またイメージの共有や優先順位をつけることも忘れないようにしてください。

輸入住宅を建てる際の打ち合わせのポイントについて詳しく

輸入住宅のシロアリ対策

輸入住宅を建てる際にも、シロアリ対策は必須です。新築時にしかできない防蟻対策もあるので、施工会社と相談しながら対策方法を決めておくと良いでしょう。シロアリ対策の効果が薄いときには、建築後にもできる対策もあります。

輸入住宅のシロアリ対策について詳しく

輸入住宅のメンテナンスはおこなうべき?

輸入住宅のメンテナンスはしたほうがいいです。メンテナンスを定期的にすることで耐久性を高めて、長持ちさせられます。玄関ドア、サッシ、水栓、外壁、無垢材などはとくに意識してメンテナンスをしたほうがいいでしょう。

輸入住宅のメンテナンスはおこなうべき?についてについて詳しく

輸入住宅にも和室をおくことはできる?

輸入住宅にも和室をおくことは可能です。特に北欧テイストの輸入住宅なら、和室のデザインともマッチしやすいでしょう。和室があれば、赤ちゃんや子どもを遊ばせたり、家事をしたり来客スペースにしたりとさまざまな用途で活用できます。

輸入住宅にも和室をおくことはできる?について詳しく

輸入住宅を購入後に加入を検討すべき保険とは

夢の輸入住宅を手に入れたならば、家族が長く安心して暮らしていけるよう、速やかに火災保険・家財保険・地震保険などの各種保険への加入を検討しましょう。加入にあたり保険料が掛かりますが、保険料は住宅を持つ上での必要経費です。

輸入住宅を購入後に加入を検討すべき保険について詳しく

輸入住宅購入前に知っておきたい住宅ローンの種類

住宅ローンの種類もさまざまです。経済状況や将来の支払いを考えた場合、住宅ローンの種類を知らないと思わぬ負担が発生しかねません。金利タイプや借入先、返済方式やローン形態など知っておきたい住宅ローンの種類を知ることで、無理な支払いにならなくて済みます。

輸入住宅購入前に知っておきたい住宅ローンの種類について詳しく

輸入住宅の壁紙はどう選ぶ?

部屋のイメージに大きな影響を与える壁紙は、デザイン性だけでなく機能性も重視して選びたいものです。とはいえ、壁紙にもさまざまな種類があるため、まずは壁紙選びで失敗しないためのポイントを押さえておくと良いでしょう。

輸入住宅の壁紙はどう選ぶ?について詳しく

輸入住宅で考えたい防音対策

輸入住宅を建てる際に、防音対策をしっかりと行っておきましょう。騒音には足音や話し声、機械音といった室内の音のほか、外から聞こえる自動車の走行音や隣家からの音などがあります。

騒音に悩まされると、安心して暮らせなくなってしまいます。設計の段階から防音対策を行いましょう。

輸入住宅で考えたい防音対策について詳しく

輸入住宅の印象を変える階段

輸入住宅において階段は空間の見せ場となる要素の1つで、実用性のほかにデザイン性も求められます。階段の形状や素材の選び方などによって印象が大きく変わってくるため、理想の輸入住宅を実現したいのであれば階段の種類やこだわりたい要素について押さえておきましょう。

輸入住宅の印象を変える階段について詳しく

輸入住宅のトイレをおしゃれにするコツは?

おしゃれなトイレをつくることは輸入住宅の魅力アップにもつながります。ここでは、デザインの選び方や照明のコツ、素材選びのアドバイスまで、特別な空間作りに役立つヒントをまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

輸入住宅のトイレをおしゃれにするコツについて詳しく

関連記事一覧