輸入住宅ハウスメーカー・工務店選びガイドin埼玉

輸入住宅ハウスメーカー・工務店選びガイドin埼玉

埼玉でオンリーワンの輸入住宅を建てるための情報まとめサイト

  • 南欧風おすすめハウスメーカー
  • 北欧風おすすめハウスメーカー
  • 北米風おすすめハウスメーカー
  • 英国風おすすめハウスメーカー

埼玉で家を購入したい!輸入住宅・国産住宅の違いは?

理想の家づくりへの第一歩は購入する住宅の種類を把握することが大切です。輸入住宅と国産住宅にはどういった点で違いがあるのでしょうか。そのメリット・デメリットを知ることから始めましょう。

比較その1:デザイン性

住宅に関する知識のない方でも見た目でわかる違いはデザイン性でしょう。国産住宅も洋風住宅など多様化は進んでいますが、輸入住宅のデザインは国産と比べて印象的。海外の映画やドラマの一コマに出てきそうな三角屋根や太めの木製窓枠、独特な壁の質感など周囲と差が付く「個性派」住宅と言えば輸入住宅ですね。日本にいながらの異文化生活の雰囲気を楽しめるのは輸入住宅のメリットですね。

比較その2:耐久性・気密性・断熱性

耐久性に関しては住宅に使用する建材や建て方などにも左右されますのでどちらが良いとは決められません。ただ、埼玉県という土地の特徴をみてみましょう。夏は暑く雷が多く発生し、冬は強い季節風が吹き、降ひょうなども多く自然災害が多い場所といえます。厳しい気候の中では住宅もダメージを受けやすいでしょう。北欧などの住宅は厳しい気候に耐えるだけの工法や工夫がなされていますので気候へのダメージを受けにくい作りと言えます。

さらに輸入住宅は気密性や断熱性が高いと言われています。そういった住宅は初期投資としてはやや高めになりますが、住み始めてからの住宅内の温度変化を少なくすることができるので日々の光熱費などランニングコストの軽減やヒートショックの予防など健康に関する部分にまでメリットがあると言えます。

また、輸入住宅は「100年暮らすための家」として建てられています。日本の一般的な注文住宅はメンテナンスをしないと耐久年数30年前後といわれていますので長持ちしやすいという意味では輸入住宅が向いているともいえるでしょう。

比較その3:資材・部品の価格

輸入住宅の資材は無垢材を使用することが多く、日本の資材は圧縮した木材に木目シートを貼ったものが多いのが特徴です。もちろん、前者より後者の方が安価です。ただし、国産住宅でも無垢材を使用した住宅もありますし、輸入部品が壊れやすい、壊れた際の取り換えに費用がかさむなどケースバイケースでメリット・デメリットが見え隠れするのがこの部分です。ここは素人では判断できませんので、プロにしっかりとアドバイスを受けることをお勧めします。