輸入住宅ハウスメーカー・工務店選びガイドin埼玉

輸入住宅ハウスメーカー・工務店選びガイドin埼玉

埼玉でオンリーワンの輸入住宅を建てるための情報まとめサイト

  • 南欧風おすすめハウスメーカー
  • 北欧風おすすめハウスメーカー
  • 北米風おすすめハウスメーカー
  • 英国風おすすめハウスメーカー

輸入住宅はローコストで建てられる?

海外の住まいを思わせる豪華で個性的な外観を持つ輸入住宅。デザインに凝りたい人には魅力的ですが、かなりのコストがかかると思われがちです。そのため費用の面で輸入住宅を諦める人もいるのではないでしょうか。しかし、コストを抑えつつ輸入住宅を建てる方法もゼロではないのです。ここでは、ローコストの輸入住宅を建てるためのポイントを紹介していきましょう。

輸入住宅をローコストで建てるポイント

土地の価格が安いところに建てる

輸入住宅に限ったことではありませんが、住まいを建てるための費用には、建物自体の費用だけでなく土地の費用もかかります。そのため、建物自体の費用が高くても土地代を安く抑えられれば、全体の費用を安くできるのです。輸入住宅はどうしても建物自体にお金がかかりがちですが、その分安い土地を見つけられればローコストで輸入住宅を建てられます。

住宅の外観をシンプルにする

輸入住宅に限らず、注文住宅は自分の理想の住まいを実現するために、外観にこだわりたい人は多いでしょう。しかし、外観にこだわったり、建物の形状を特殊なものにしたりすると、どうしても費用がかさんでしまいます。また、建物の外観次第では建設以外の工事が必要になる場合もあるでしょう。そのため、その分の費用を削るために住宅の外観はできるだけシンプルにするという選択肢もあります。外観と内装両方にこだわるとどうしても費用がかさむので、外観はシンプルにして内装に凝るというのもいいでしょう。

住宅の壁を少なくする

間取りも住宅の費用を左右する大きな要素です。輸入住宅を建てる際に壁を多くして凝った間取りにすると、その分費用が大きくなる場合があります。そのため、住宅の壁が少なくて住む間取りにすることで費用を抑えるという方法があります。

輸入住宅の多くは、日本家屋とは異なり柱ではなく外壁で建物全体を支える壁式構造で建てられています。そのため、屋内の壁は必要ないなら取り除いてもかまいません。輸入住宅を建てる際には、できるだけシンプルかつ広い空間を確保した間取りにするのがいいでしょう。

妥協できるところは国産素材を使う

輸入住宅を建てる際には、素材にもこだわりたいものです。しかし、住宅すべての部分の素材を輸入素材にするとなると、かなりの費用がかかることになります。そこで、費用を抑えるためには特にこだわりたいところにのみ輸入素材を使い、それ以外のところは国産素材で安く仕上げるという選択肢も有効です。

ローコストで建てたい場合は建築会社に相談するのもおすすめ

ローコストで輸入住宅を建てるための方法はさまざまです。個々で紹介してきた方法に加えて、ローコストで輸入住宅を建てられるかを、まず建築会社に相談してみるのもいいでしょう。専門家の目線で、予算と理想のバランスの取れた提案をしてくれるでしょう。