輸入住宅ハウスメーカー・工務店選びガイドin埼玉

輸入住宅ハウスメーカー・工務店選びガイドin埼玉

埼玉でオンリーワンの輸入住宅を建てるための情報まとめサイト

  • 南欧風おすすめハウスメーカー
  • 北欧風おすすめハウスメーカー
  • 北米風おすすめハウスメーカー
  • 英国風おすすめハウスメーカー
輸入住宅ハウスメーカー・工務店選びガイドin埼玉 » 理想の輸入住宅を建てる前に知っておきたいこと » 平屋の輸入住宅を建てたいと思った際に知っておくべきこと

平屋の輸入住宅を建てたいと思った際に知っておくべきこと

輸入住宅にも様々なスタイルがありますが、平屋という選択肢もあります。平屋の注目度が高まっているので、輸入住宅による平屋も個性がありますが、輸入住宅にて平屋にするのであれば、覚えておくべき点がいくつかあります。

平屋の輸入住宅のメリット

家族とのコミュニケーションがとりやすい

平屋はいわゆる「1階建て」の家になります。そのため、ワンフロア構成なので2階建てのように分断されないことから、家族間でのコミュニケーションが取りやすいです。
家族が何をしているのか把握できたり、声をかければ届くなど、2階建ての家ではできないコミュニケーションの形があります。

効率の良い生活動線

平屋はワンフロアです。そのため、基本的に生活動線を意識して建てられています。
玄関から浴室まで近くに位置していたり、家事をスムーズに行えるような動線が設定されている平屋が多いので、2階に行く時には階段を上らなければならない2階建ての家と比較すると、生活の中で「面倒」「億劫」だと感じるケースが少ないです。

2階建てに比べ地震や台風に強い

単純な理屈ですが、大きく高いもの程地震や台風の影響を受けやすいです。
例えばタワーマンションは、敢えて揺らすことで地震のエネルギーを分散させています。しかし、平屋は地震や台風といった自然の驚異にさらされる家の体積が、2階建ての家よりも小さいので地震や台風に強いとされています。

2階建てに比べ修繕費や光熱費が掛かりにくい

2階建ての家は、2階部分の修繕を行う際には足場を組まなければならないので修繕費が高くなりやすいです。
しかし平屋は基本的に「1階建て」なので、足場を組む必要がありません。つまり、費用が安くなります。また、光熱費に関しても2階建ての場合はどうしても2階部分でも空調を利用しなければなりませんが、平屋であれば1階部分のみで良いので光熱費が抑えられます。

平屋住宅のデメリット

広い土地が必要となり、税金などが高くなる傾向がある

平屋は広い土地が必要です。2階建ての場合、狭小地であっても工夫することである程度家の広さを確保できますが、平屋は土地が狭ければ狭い平屋にせざるを得ません。
また、広い土地を取得するということは固定資産材が高くなることを意味しています。

基礎工事などに費用がかかる

平屋は同じ延べ床面積の二階建てと比べると建築費用が高いです。基礎部分の面積が大きくなるので、基礎工事費用が高くなるからです。屋根と基礎部分は2階建ての倍近く費用が必要になりますので、割高感もあります。

プライバシーを確保しにくい

先程平屋のメリットとして「コミュニケーションが取りやすい」とお伝えしました。しかし、裏を返せば家族間でのプライバシーの確保が難しいことを意味します。
2階建ての場合、2階と1階では同じ家ではあってもコミュニケーションを取ることが難しくなります。つまり、それぞれのプライバシーを確保できることになります。しかし平屋では「別フロア」がありませんので、常にコミュニケーションを取れる=プライバシーが確保しにくいのです。

平屋と2階建てどちらがいいのかじっくり検討しよう

平屋にはメリットもあればデメリットもあります。しかし、結局は価値観です。例えばプライバシー。
よく解釈すれば「コミュニケーションが取りやすい」ですし、悪く言えば「プライバシーの確保が難しい」です。
どのような家を欲しているのかによって、メリットにもなればデメリットにもなるので、平屋を建築しようと考えた時、「求めているのは本当に平屋なのか」を今一度考えてみましょう。