輸入住宅ハウスメーカー・工務店選びガイドin埼玉

輸入住宅ハウスメーカー・工務店選びガイドin埼玉

埼玉でオンリーワンの輸入住宅を建てるための情報まとめサイト

  • 南欧風おすすめハウスメーカー
  • 北欧風おすすめハウスメーカー
  • 北米風おすすめハウスメーカー
  • 英国風おすすめハウスメーカー

価格相場について

埼玉での輸入住宅の相場を調査しまとめています。

相場を参考に納得できる価格帯を見定めよう

埼玉での輸入住宅を扱っている住宅専門店はいくつかあります。輸入住宅の金額も、低価格からあるため自分の用意している予算に応じて選ぶことができるのです。

埼玉の輸入住宅の相場は、約900万となっています。埼玉での自分の住みたい住宅の選び方ですが、金額から選んでもいいですし、家の広さや外観などいろいろと選ぶための基準があります。

輸入住宅のメリットですが、長く住めるということと、流行に流されることがないということです。幅広い年代の方に人気がありますし、デザインが素敵なのも特徴なのです。木の風合いを生かした室内の空間や、塗装の壁などの素材に魅力を感じる方もたくさんおられます。

輸入住宅は、気密性や断熱性、遮音性や耐震性、耐久性や耐火性にとても優れているという特徴もあります。気密性や断熱性が高いため、夏は涼しいですし冬は暖かくとても過ごしやすいのです。

また、輸入住宅を建てたいと考えている方は、どこから住宅の情報を仕入れたらいいのか分からないと言われている方もおられます。調べ方としては、住宅の専門誌を見てもいろいろと情報はのっていますし、カタログやモデルハウスに出かけてみるという手もあるのです。モデルハウスに行けば、じっくりと話も聞くことができますし、実際住宅に入ることができるのでとても参考になります。最近では、期間限定で、施工例をモデルハウスとして公開している業者もあります。

また、アフターメンテナンスを気にされる方もたくさんおられます。アフターメンテナンスは輸入の住宅の場合は特に大切になってきます。窓ガラスが割れたとしても形が特徴的過ぎると簡単に取り替えできない場合があるからです。そのため、事前に業者へ確認することを忘れないようにしましょう。輸入住宅は相場と将来での使い勝手を含んだコストパフォーマンス性を確認して、じっくりと考えることが大切なのです。

輸入住宅の相場

輸入住宅の相場は2,000~3,000万円です。場合によっては、国内メーカーの戸建てよりも高くなるケースもあります。その理由として、輸入住宅は国内メーカーにはない資材を使用していたり、あるいは意匠代が高くなるためです。

例えば国内メーカーであれば、資材を大量購入することで費用を抑え、ユーザーに対しても安い価格での提供を可能にします。一方、輸入住宅の場合はまさに「オンリーワン」なので、どうしても高額になってしまいがちです。注文住宅の場合、費用はとても大切な部分です。「予算にこだわらずに建てたいものを建てる」と考えられる人は少数派で、多くの人が予算を設定し、予算内に収まるように考えるでしょう。

国内メーカーや工務店よりも高額になってしまいがちであるがために、輸入住宅は当初から選択肢に入らないという人も多いかもしれません。デザインに惹かれたものの、予算を見て断念したという人も多いようです。

ただし、2,000~3,000万円という数字はあくまでも相場です。国内メーカー同様、工夫によっては相場よりも安い価格で仕上げることもできます。全体的に見ればどうしても「高い」というイメージがついて回りやすい輸入住宅ですが、実際には相場よりも安く建てている人もいることは覚えておきましょう。

輸入住宅は以前と比べて安くなっている

輸入住宅の費用相場が国内メーカーの住宅よりも高い点は紛れもない事実ではありますが、一方で近年輸入住宅の相場も減少傾向にあります。輸入住宅業者が増えてきたことによる市場競争の誕生、海外との輸送手段が増えている点による輸送コストの減少傾向が相場減少の要因です。

実際、坪単価だけを見ると国内メーカーとさほど変わらないタイプの輸入住宅もあります。一概に「輸入住宅=高い」とは言い切れない時代です。しかし、一度ついたイメージを払拭するのは難しい点から、輸入住宅は高いイメージとなってしまっています。

輸入住宅の費用と為替の関係性

輸入住宅を建てる際、全てではありませんが資材を本国から輸入するメーカーがあります。そのため、為替もある程度関係してくるのがポイントです。円高の時に輸入した方が若干費用は安くなりますし、逆に円安であれば輸入費用が高くなります。

注文するタイミングを考えるとなると難しい部分ではありますが、輸入に頼る場合において為替は決して無関係ではありません。為替に関しては基本的に誰かがコントロールできるものではありませんので、意識しない人も多いでしょう。中には多少円高の際に注文が確定しただけで、予算がある程度安くなるケースもあります。そのため、「為替が影響する」という点を覚えておくだけになってしまうのが実情です。

それでも、実際に輸入住宅を検討し、契約するのであれば契約直前は多少なりとも為替は意識しておくほうが良いでしょう。何十銭と円高になるだけで、予算総額が変わる可能性も否定できません。

輸入住宅の費用が高くなるケース

円安

円高の時には多少安くなるということは、裏を返せば円安の際には高くなってしまうのが注意点です。輸入住宅に限らず、国内産業において円高時は輸入が得になりますし、円安の際には輸出が得になります。国外から資材を輸入することになった場合、円高であれば多少は資材を安く輸入できますし、逆に円安の時には輸入が高くなることを覚えておきましょう。

為替は個人や企業でコントロールできるものではありませんが、タイミングが多少異なるだけで輸入費用、つまりは建築総額に影響が出てしまう点は把握しておくことで予算の計画も立てやすくなるはずです。

外観

輸入住宅の特徴といえば個性的かつ魅力的な外観ですが、外観にこだわりを増やせば増やすほど、その分費用も高くなります。日本国内で使われていない素材、或いはオリジナリティあふれる意匠。これらにこだわりを追加していくと、予算を大幅に超えてしまうかもしれません。

しかし、外観こそ輸入住宅の象徴的な部分なので、輸入住宅を欲している人の多くは外観にこだわりを見せたいはずです。

どこにこだわるか、逆にどの部分はコストカットするかを決め、家族で納得できる住宅を設計するようにしましょう。設計段階で担当者と話し合いをするかと思いますが、その際に分からないことがあれば相談するのもおすすめです。

建築様式

輸入住宅の建築様式は様々です。比較的よく見られるツーバイフォーであれば建築費用を安く抑えることができる一方で、欧米らしいスタイルでもある総レンガ張りなどはどうしても費用が高くなってしまいます。

費用だけではなく建築期間も長くなりますし、建築期間が長くなることで人件費も増えます。資材だけではなく、様々な面から費用が高くなってしまうことも覚えておきましょう。

設備費用

輸入住宅の場合は設備も輸入するケースがあります。国内メーカーに依頼した場合、設備は国産の物を選ぶケースが多いのが一般的です。輸入住宅の場合、設備を輸入するというケースも珍しくありません。導入費用は輸入費用も含まれているので、結果として高くなってしまいがちです。

こだわればこだわるほど、細かい部分も輸入したくなるものです。輸入住宅を選ぶ以上、「外観は輸入住宅だけど中身は国産」では納得できないという人もいるでしょう。設備もこだわりをもって輸入にしたいと考えるかもしれませんが、輸入は国内間の運送よりも費用がかかります。後々資金繰りで後悔しないためにも、設備の実用性や予算を踏まえたうえで計画していきましょう。

輸入住宅の費用を抑える方法

ある程度の妥協も時には必要

この点はある意味、輸入住宅に限らず注文住宅全般に言えることです。理想にこだわることは大切ですし、注文住宅のメリットは建売では実現しにくい自分自身の理想の家をつくれる点にあります。

しかし、こだわりを見せれば見せるほど、高額になってしまうのもまた事実です。だからこそ、こだわりをある程度妥協することも、費用抑制につながります。

工法や外観は、輸入住宅だからこそこだわりたい部分もあるでしょう。特に外観に関しては、輸入住宅を選ぶメリットでもあります。しかし、こだわりを譲らないという姿勢を持ち続けるほどに、結局は費用の高騰を招いてしまいかねません。ある程度予算という現実とすり合わせ、こだわる部分とそうでない部分を分けることも重要です。

内装を国内メーカーのものにする

輸入住宅は内装もまた、輸入品を使用するケースが多いです。そのため、輸入コストも建築費用に加算されることになるので高くなってしまいます。費用を抑えたい場合は設備を輸入に頼らず、国内メーカーのものにすることで抑制につなげましょう。

細かいこだわりから、せっかくの輸入住宅である以上設備も輸入住宅に準拠したものにしたいと考えたくなる気持ちもよく分かります。しかし、費用という現実的な問題を考えた時、設備に関してはあまり目立たない部分なので、国内のものを選ぶのは決して悪い考えではありません。

ローコストに強いメーカーに相談してみる

昨今は注文住宅業者も多々登場し、それぞれ異なる個性を持っています。デザインに力を入れている業者もいれば、安さを売りにしている業者もいるのがポイントす。安さ、いわゆる「ローコスト」を売りにしている業者に相談してみるのも良いでしょう。ローコストを得意としている業者は、様々な工夫を凝らすことで建築費用を安く収めることに取り組んでいます。

輸入住宅メーカーに相談しつつ、ローコスト住宅メーカーに相談してみることで、輸入住宅に近いテイストのマイホームを安い費用で建築できるかもしれません。

いろいろと比較してみる

価格が安くなる理由の一つに、市場競争が挙げられます。輸入住宅を建てたいと考えた時、いくつかの輸入住宅メーカーに相談してみるのも良いでしょう。見積もりを取ってもらうことで、大まかな費用が分かります。費用やプランの比較・相談によって、どの業者に頼めば良いか明確にできます。

相場を正しく理解することで、メーカーの見積もりが正しいものなのかを判断できるようにもなるでしょう。初めから「この業者に依頼する」と決めるのではなく、まずは輸入住宅を得意としている業者複数に相談してみるのがおすすめです。