輸入住宅ハウスメーカー・工務店選びガイドin埼玉

輸入住宅ハウスメーカー・工務店選びガイドin埼玉

埼玉でオンリーワンの輸入住宅を建てるための情報まとめサイト

  • 南欧風おすすめハウスメーカー
  • 北欧風おすすめハウスメーカー
  • 北米風おすすめハウスメーカー
  • 英国風おすすめハウスメーカー

ZEH住宅とはどんな住宅?

ZEHという用語、住宅づくりについて調べていると必ずと言ってもいいほどよく見聞きするかと思います。しかし、「ZEHの住まいってどんな家なのかわからない」という方もいるのではないのでしょうか。本記事では、ZEHの特徴について詳しくお届けしていきますので、輸入住宅や注文住宅づくりを検討している方はしっかりとチェックしてみてください。

ZEH住宅と一般住宅の違いとは

住宅には、空調や冷暖房、給湯設備など多くのエネルギーが必要です。エネルギーがゼロもしくはプラスとなるよう工夫された住まいをZEH住宅と呼びます。このような家を実現するため、エネルギーを使わない(省エネ)ことやエネルギーを作り出すこと(創エネ)が必要なのです。

そのためには、ZEH住宅では住宅の断熱性を高めて、省エネ効果が期待できる設備を取り入れたり、太陽光発電を活用してエネルギーを作り出したりすることが大切。このような取り組みを行うと、住まいのエネルギー収支がほぼゼロの状態にできるのです。

断熱性能

暑さや寒さの影響を受けないよう断熱性を高めていくとZEHの住まいとして認められる可能性が高まります。そのためには、断熱が期待できる素材を使ったり、性能に優れている窓を採用したりすることが重要。住まいの断熱性を高めていくと、冷暖房にかかるコストやエネルギー軽減につながります。

省エネ

「省エネ」には、HEMS(ヘムス)と呼ばれる住まいの消費エネルギーと太陽光発電等で創るエネルギーを確認できるシステムが必要です。 また省エネタイプのエアコンや少ないエネルギーでお湯を沸かせる給湯システムや、消費電力の少ないLED照明などを採用する必要があります。

創エネ

ZEHの住まいでは、太陽光発電システムなどの再生可能エネルギーシステムを備えることが重要です。この創るエネルギーが消費する量を超える必要があります。断熱性を高めると住宅内の温度差を減らせるため、ヒートショックのリスクを軽減したり、快適に暮らせたりするなどのメリットがあります。

エアコンの効きが良くなるため、厳しい寒さや暑さを我慢しなくても、快適に過ごせるのが魅力でしょう。太陽光発電の設備があると、停電してしまっても電気が使用できるのも安心です。

ZEHの住まいを建てると、光熱費をカットできるだけでなく、安心で快適な暮らしを叶えることに繋がります。そのような住まいを手掛けている施工会社を見つけてみるとよいでしょう。